チベットの仏画タンカを描くスペイン在住の日本人


<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
→ English version
"デワチェン" 複製画

去年描き上げた”デワチェン”の複製画を制作しました。

地元マラガには高性能なスキャナを持っているところがないようなので、今回もスキャニングは遥々バルセロナで。


卓球台みたいな超巨大スキャナです。

以前依頼した超拡大版のヴァジュラ・ヨギニの複製画(色校正途中のもの)が印刷見本として今も使われていました。

ヴァジュラ・ヨギニのスキャニングの投稿はこちら

今回のデワチェンの複製画は、いつも通りの原画と同じものに加えて更に二種類作ってみました。

read more...


21尊ターラー・タンカの複製
日本で初めてのタンカの複製制作。
印刷所の方にも厳しいスケジュールの中いろいろと無理をお願いして完成した複製画のサンプルが今日届きました。
 
原画とほぼ同じサイズの1165x810mmと、小さいサイズ620x431mmの2サイズ。
 

 
今回の複製画制作についてはまた後日このブログでも書きますが、結果は大満足です。
 
色が暗く沈んでしまうとインパクトのない絵になり、逆に明るくし過ぎると軽い印象になり原画で使われている天然の岩絵の具の深い色の良さが全く失われてしまいます。そういったところも気をつけて印刷所の色校正のプロの方との共同作業で、原画にできるだけ近い色の再現を試みました。
 
もう一つはタンカの特徴の一つとも言える金泥の部分。
この部分は特に配慮して色を調整しました。



 
色の校正だけでなく、プリントをする支持体選び等いろいろと検討しての制作でしたが、原画をデジタルデータ化する際のスキャナーが素晴らしかったのが功を奏しました。そのあたりについてもまた後日書こうと思います。
 
JUGEMテーマ:絵画


タンカの複製
いつもはスペインでやっているタンカの複製制作、今回は日本でやってみます。日本の最先端技術に期待しています。

少し前に完成した21尊ターラーのタンカ。あとヴァジュラ・ヨギニ、グリーン・ターラー、ドルジェ・ドルーの複製も制作します。

日本での滞在日数が限られていて約束はできないのですが、ご希望の方は早めに連絡をいただければ日本国内の送料でお送りできるように努力します。スペインに持ち帰ってから、、となると日本への送料で結構かかってしまうので。
メッセージはこちらからお願いします。

原画と同じサイズだと結構大きいので、縦横半分の大きさのものも制作するつもりです。


新しいジクレープリントを二作制作

ジクレープリントによる複製画を新たに二作制作。
 

ヴァジュラ・ヨギニ、ヴァジュラ・キラヤ、そしてグル・ドルジェ・ドルに続いて、グル・リンポチェとアミタユの複製画をジクレー技法で制作。
 

金泥を磨いた部分の輝きは表現できないまでも、それを除けば非常に満足のいくものができている。
以下は以前作成したヴァジュラ・キラヤのジクレープリントを撮影したもの。
 




近づくとキャンバスの布目まで確認できる。

 



 
 

タンカには極々細い線や細かい描写が多くあるので、それらを表現できるだけの超高水準の画像が必要とされる。

そして原画にできるだけ近い色を実現するために今回も多くのテストプリントを繰り返し、その都度原画と色を見比べて補正。もちろん色を補正する際には画像の劣化を最小限にするように注意を払う。
 

人間の目による色の認識はとてもあやふやなもので、同じ画面にある他の色の影響を強く受ける。つまり他色との対照によって眼(または脳)による色の認識は大きく変わってしまう。
 
さらに、色の認識を変化させるのが確認する場所の違い。 

室内ならば照明の種類、色や明るさ、屋外でも日向か日陰、朝か昼、夕方などといった条件で驚くほど色は変わる。
 

また、原画に使っている画材とプリントに使われている顔料の光の反射の違いなのかどうかわからないが、屋内で確認すると原画のほうがプリントされたものに比べて明るい色に見えていたのに屋外では逆になったりもする。
 

そういったことを理解したうえで制作作業を進めていき、ようやく満足のいく複製画が出来上がった。
 

今回複製画を制作した二作で、特にグル・リンポチェのタンカは今までに多くの人との良い繋がりやうれしいニュースをもたらしてくれた思い入れのある作品で、これが今回複製画という形でより多くの方の手に渡ることができるようになってとても嬉しい。


<購入希望の方へ>
サイズや料金はこちら、またはサイトのメールフォームよりご連絡ください。



ジクレーでの複製制作 2
ドルジェ・ドルーの複製に続いて、次は ヴァジュラ・ヨギニのタンカの複製を制作。
実物よりもずっと大きなサイズの複製を作るために、より良いスキャナーと大きなプリンターを求めてバルセロナまでやってきた。
ホテルに到着し、部屋の窓から外を眺めたときに思わず見慣れたものが目に入る。
 





チベットの祈祷旗 ”タルチョ”  幸先良い。
read more...


ジクレーでの複製制作 1
グル・ドルジェ・ドルーのタンカの複製をジクレーの技法で制作してみました。
 
デジタル画像の色は環境、つまりモニターの設定等により大幅に目に見える色が変わるし、プリンターの設定で実際にプリントしたものの色もかなり変わる。
更にプリントする素材(紙、キャンバスなど)の種類によってもかなり変わるので実際のタンカの色に近づけるのは結構難しい。

下の画像のように何度もテストプリントを繰り返して色を調整していく。
お世話になった業者の方は2、3回のテストプリントで大丈夫でしょう、、、と言っていたが結局10枚目(8枚目以降は自分で色の調整)でやっと納得いく色に仕上がった。

 
 
細かい描写に関しては生地の目がない紙へのプリントの方が優れているということだが、あえてキャンバスにプリント。これなら額装だけでなく伝統的なチベット式の表装をして巻くこともできる。
 
JUGEMテーマ:絵画