チベットの仏画タンカを描くスペイン在住の日本人


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
→ English version
日本一時帰国とワークショップ

※お陰様でワークショップは満席となりました。ありがとうございます。日本でも多くの方がタンカに興味を持っていると知ってとても嬉しいです。

以降のお申込みはキャンセル待ちとなります。

金曜日の講座はまだお席があります。タンカを習ってみたい方、また既に習っている方を励ますために(笑)西 洋児が初めて描いたタンカの画像なども用意しています。皆様のご参加を心よりお待ちしています。(2019年5月27日追記)

 

来月6月から7月にかけて1か月ほど一時帰国します。なかなか帰国することができず、4年ぶり?くらいの帰国です。

そして今回は帰国期間中にタンカの講座とワークショップを開催することになりました。以前から、次回帰国時には!と誘っていただいていた企画で、やっと、という感じです。

場所は東京曙橋のチベットレストラン タシデレにて、6月28日(金)、29日(土)、30日(日)の3日間です。

初日の28日はタシデレ特製ディナープレートを味わいながらの講座となります。講座でお話しする内容は未だにいろいろと思案・準備中なのですが、いくつか予定しているものをイベント告知のフライヤーに記載したので参考にしてください。

タンカを描き始めたのは、ネパールではまだまだインターネットも普及していなくて、デジタルカメラも持っていなかったもう20年以上前のことで、そのころの写真やネガをガサゴソと出してきて確認しながら現在スペインで準備中です。

よく聞かれる、タンカ絵師になった経緯なんかも含めていろいろと話したいと思います。

土曜日と日曜日の午後のワークショップでは、テーマを“花”として蓮の花を描きます。

花、中でも蓮の花は仏教に深く関係するモチーフで、多かれ少なかれタンカの中には必ずと言っていいほど描かれています。

今回は週末の午後の時間を使って、この蓮の花をチベット伝統のカルマ・ガディ派というタンカの一流派の描き方で描いていただきます。

実際の作業としては、こちらで用意した蓮の下絵を色紙にトレース、それに下塗りをして線を描き起こし、暈し(ぼかし)を施していただきます。作業段階で言えばこれだけなのですが、作品の良し悪しを大きく左右する線描きや、細かい線で作り出す暈しの作業はタンカを描く上で欠かせない技法なので、作品を仕上げる、と言うより、技法を身につける、といったつもりでじっくりと取り組んでいただきたいと思います。

read more...