チベットの仏画タンカを描くスペイン在住の日本人


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
→ English version
<< 蓮池 | main | タンカ教本 >>
タンカのぼかしに使われる色材

タンカの特徴の一つとして、美しいグラデーションで陰影を施す”ダン”とよばれる技法があります。

他の主な色が鉱物を砕いた顔料で彩色されるのに対し、この”ダン”に使うのは染料。

”ダン”にはいくつか異なる技法がありますが、今回紹介する染料を使う場合は主に二種類。

無数の”線”で描くか、同じく無数の”点”で施すやりかたです。

僕の場合は、1人目のカルマ先生には点でのダンを習いました。その後、シェチェン寺のクンチョク先生から線でのダンを学び、その際にクンチョク先生から”うちの伝統では点でのダンはやらない”と言われて、それからは”線”だけでやっています。

濃淡をコントロールしながら、細かく短かい線を無数に描き込んでグラデーションを作ります。

タンカに使うキャンバスは特殊で、絹や紙とはまた違った水の吸収の仕方をするので、日本画や水彩画のように湿らせておいた画面に色を滲ませてぼかすといった技法は使われません。

来る日も来る日もチクチク、チクチクと細かい線を描き込むことで、少しずつ作業を進めていきます。

慣れればそれほど気を使う作業ではないので工房等では弟子の仕事の一つなのですが、空のような大きな部分だと作業の進展があまり感じられず、淡い部分に濃い線や点を入れてしまうとそれまでの苦労が水の泡。その修正が大変なので初心者の方はここで挫折する人が結構います。

忍耐が必要とされる作業ですが、この辺りもタンカの制作が仏教修行なんかと結び付けられる理由の一つかもしれません。

ダンを施す部分の大きさにもよりますが、最初にうちは空だけで数日から一週間、と考えて作業にあたったほうが気持ちにゆとりを持って制作できるので良いと思います。

 

1.インディゴ

色としては、まず一番よく使われるのがインディゴ、日本でも良く知られている藍です。 チベット語では”ラム”といいます。


二枚目の画像はネパールで広く使われているインディゴ。

ただしこれは天然のものではなく、色も天然のインディゴより随分明るめで日本画の画材の”美藍”とよばれるものに似ています。廉価で扱いやすいですが、これをこのままタンカに使うと妙に明るい深みのない色合いのタンカになってしまいます。

インディゴの色合いについては以前の投稿も参照ください。
いろんなインディゴの塗り比べ→http://thangka.sangkyap.net/?eid=130#sequel
モロッコ産のインディゴ→http://thangka.sangkyap.net/?eid=128

インディゴはタンカでは主に青や水色といった青系の色へのぼかしや線描きに使われます。

カルマ・ガディ派でよく使われる技法として、下地の色を塗らず、キャンバスに直接”ダン”を施すときもこの色がよく使われます。

 

例えば湖水の描写。

または雲の描写。

 

2.ラック

次に赤系の色へのぼかし”ダン”に使用する”ラック”。
チベット語で”カ”とよばれる色です。

下の画像は次に紹介する”シュンケン”の葉と一緒に抽出濃縮したもので、これを水を含んだ筆で撫でて使います。

赤やオレンジといったほとんどの赤系へのダンはこの”カ”で施されますが、同じくオレンジでも、施す場所、例えば炎の描写のような場所では、この”カ”ではなく辰砂が使われます。


”カ”によるオレンジ、赤へのダン。


炎の先には辰砂で。

背景全体が黒い”黒タンカ”にも炎は辰砂で描かれます。

 

3.シュンケン

最後に緑系の色へのぼかしに使うのは”シュンケン”とよばれるものです。

木の葉を煮込んで色を抽出した後、ラックと同じようにねっとりとした状態になるまで水分をとばしてペースト状にし保存します。このシュンケン自体は黄土色に近いです。またこの染料自体に定着力があるので、膠を混ぜる必要はありません。


乾燥させたシュンケンの葉。


煮出します、、、少し火力が強過ぎますね(笑)


基本的には太陽熱で水分を蒸発させます。

 

ラム(インディゴ)とカ(ラック)は、下地の色により暗い色で”影”を施すことによって陰影を付け下地の輝きを引き立てますが、シュンケンの場合はその方法以外にも、薄く塗ることによって下地の緑をより黄目にし彩度を上げることで、ぼかしをかけた部分に”光”をもたらす効果にも使います。

下地の色より暗い影を表現した場合は上の画像の葉の部分のようになります。

下地の色にもよりますが、薄く塗ると以下の画像の頭光部分や衣部分のように塗った部分の彩度を上げ”光”を表現できます。

 

”ダン”を施す部分の下地の色が濃い場合は、シュンケンに少量のインディゴを混ぜると良い結果が得られます。

以上、今回も長くなってしまいましたが、タンカに使われるぼかし技法”ダン”に使用する染料を三種類紹介しました。

 

 

JUGEMテーマ:絵画



COMMENT









Trackback URL
http://thangka.sangkyap.net/trackback/101
TRACKBACK