チベットの仏画タンカを描くスペイン在住の日本人


<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
→ English version
<< ”21尊ターラー” 〜その25〜 | main | ”21尊ターラー” 〜その26 尊格の身体のぼかし〜 >>
”グル・ドルジェ・ドルー 2”
前に制作したグル・ドルジェ・ドルーの投稿がこちら→
実際には2枚の同じ尊格のタンカを制作していて、今回やっと残りの1枚が完成。


2枚並べて制作していたのでほぼ同じタンカに見えるが、少し違いをつけて制作してみた。

まず表情。これが前回のもの。





で、今回のものは、、、


大きな違いとしては、眉毛と口髭の描き方。


次に骨でできた装身具。 以前のものは衣の内側になっているので、首の部分に少し確認できる程度。




今回は衣の上にあるのでその大部分が描かれている。



虎や供物はほぼ同じ。








金泥を塗ったところはそのままマットな感じにしておく部分と、全体を磨いて光沢をだしている部分、さらに磨いて光沢がでることを利用してディテールを描写している部分とがある。





タンカの裏面。





JUGEMテーマ:絵画


昨日、キャプジェ・カトック・ゲツェ・リンポチェが 仏教講座を開かれ、グル・ドルジェ・ドローの瞑想と灌頂をなさいました。
webで西様のグル・ドルジェ・ドローの絵を拝見し、fbにたった今、掲載させて頂きました。事後報告ですみません。ご迷惑でしたら即、削除致します。
どうぞ宜しくお願いします。
神奈川県在住 近藤勝治 拝
近藤勝治 | 2015/05/24 12:04
COMMENT









Trackback URL
http://thangka.sangkyap.net/trackback/110
TRACKBACK