チベットの仏画タンカを描くスペイン在住の日本人


<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
→ English version
<< 救度仏母多羅二十一尊の図像冊子 | main | 蓮池 3 >>
アジャ・リンポチェ in タシデレ

少し寒いけど快晴の今日は、朝から用事があってミハスへ。

山の中腹にある白い村ミハスは、小さいながらも美しいところで観光地としても結構有名。日本からは遠いけど、日本人も結構見かけます。

画像はミハスにある役場。結構洒落た建物で、空の青さと建物の白さが良い感じです。

この辺をウロウロしているときに日本からメッセージ。

東京のチベットレストラン・タシデレからでした。

今日23日はタシデレは貸切りで、アジャ・リンポチェをお迎えしてのお食事会だということです。

アジャ・リンポチェはモンゴル人で、チベット仏教ゲルク派の創始者ジェ・ツォンカパ大師の父アジャ・リンポチェ(Arjia Rinpoche)8世の転生活仏。現在はアメリカ在住ですが、亡命前はクンブム寺の僧院長。

前回紹介した「救度仏母ターラ二十一尊の図像」冊子をご覧いただきお褒めの言葉も頂いた、ということでタシデレの奈津子さんが写真を送ってくださいました。

タシデレの店長ロサンさんも一緒。

 

最近日本でチベット関係、盛り上がってますよね。そろそろ一時帰国したいところです。今年、、、はもう少ししかないから、来年こそは必ず日本に行きたいと思っています。

そういえば明日はクリスマス・イブ。しかも土曜日。

皆さん、楽しい週末をお過ごしください!!



COMMENT









Trackback URL
http://thangka.sangkyap.net/trackback/152
TRACKBACK