チベットの仏画タンカを描くスペイン在住の日本人


<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
→ English version
タンカのぼかしに使われる色材

タンカの特徴の一つとして、美しいグラデーションで陰影を施す”ダン”とよばれる技法があります。

他の主な色が鉱物を砕いた顔料で彩色されるのに対し、この”ダン”に使うのは染料。

”ダン”にはいくつか異なる技法がありますが、今回紹介する染料を使う場合は主に二種類。

無数の”線”で描くか、同じく無数の”点”で施すやりかたです。

僕の場合は、1人目のカルマ先生には点でのダンを習いました。その後、シェチェン寺のクンチョク先生から線でのダンを学び、その際にクンチョク先生から”うちの伝統では点でのダンはやらない”と言われて、それからは”線”だけでやっています。

濃淡をコントロールしながら、細かく短かい線を無数に描き込んでグラデーションを作ります。

タンカに使うキャンバスは特殊で、絹や紙とはまた違った水の吸収の仕方をするので、日本画や水彩画のように湿らせておいた画面に色を滲ませてぼかすといった技法は使われません。

来る日も来る日もチクチク、チクチクと細かい線を描き込むことで、少しずつ作業を進めていきます。

慣れればそれほど気を使う作業ではないので工房等では弟子の仕事の一つなのですが、空のような大きな部分だと作業の進展があまり感じられず、淡い部分に濃い線や点を入れてしまうとそれまでの苦労が水の泡。その修正が大変なので初心者の方はここで挫折する人が結構います。

忍耐が必要とされる作業ですが、この辺りもタンカの制作が仏教修行なんかと結び付けられる理由の一つかもしれません。

ダンを施す部分の大きさにもよりますが、最初にうちは空だけで数日から一週間、と考えて作業にあたったほうが気持ちにゆとりを持って制作できるので良いと思います。

 

1.インディゴ

色としては、まず一番よく使われるのがインディゴ、日本でも良く知られている藍です。 チベット語では”ラム”といいます。


二枚目の画像はネパールで広く使われているインディゴ。

read more...


蓮池

何もしていないのに回復したインターネットへの接続は何もしていないのにまた途切れてしまいました。

仕方なくスマホ回線でブログ更新。

なんとかFacebookページは、ネットに繋がっていた間に公開することができたのでFacebook上での投稿はプライベートと仕事分けるようにしたいと思っています。

Facebookページの方ではこのブログに書くこと以外にも、主にタンカやチベット関係の投稿をできればと思っています。一度覗いてみてください→https://www.facebook.com/TibetanThangka.KarmaGardri/

 

さて制作の方ですが、今回は蓮池が大部分を占める構図なので蓮を沢山描いています。

タンカでも背景や供物、衣の文様などに蓮はよく描きますが、タンカに描かれるものは多くの場合あまり写実的ではなくデザイン的です。

read more...


タンカ絵師と健康 1

先週から崩していた体調もようやく良くなってきました。お見舞いのメールやメッセージをいただいた方々、本当にありがとうございました。

、、、という始まりでブログの更新をするはずが、インターネットの接続不良で早くも三週間近く。ネットの接続はいまだに回復していないけれども、スマホの方はつながるのでそれを使って更新。
 

今日も良い天気の中、仏教センターの買い出しでオーガニック市場に来ています。(これももう二週間ほど前の話ですが)

この市場は毎週末に場所を変えて開かれる市場で、野菜、果物、パン、蜂蜜、オリーブオイル、チーズなどのお店が出ていて朝からいつも賑わっています。
 


今回はこういう傘みたいな大きな木のある広場で。

 

僕らがいつも一番多く買うのがリンゴ。 いつも50個くらいは買います。


今回風邪を引いたときも、リンゴのすりおろしたのが本当においしかったです。オーガニックなので皮ごと。世界中どこで食べても同じ味のものは海外で体調を崩した時に本当に助かります。


以前(ものすごい前の話ですが)なら風邪をひいても何か精のつくものを食べて、ビールをギューッと飲んだ後で、服、帽子、靴下等々をいっぱい着込んで、その格好で重ねた布団の中で頭まですっぽり入って一寝入り。大汗をかいて目が覚めたら体を拭いて、楽なものに着替えて一晩寝る、、というやりかたで治していたけど、もうそういう無茶も出来ない年齢です。お医者さんもそういう無茶はやめましょうと言っていました(笑)

 

力仕事もなく、暑さ寒さの中を歩き回ることもなく、部屋で座ってするタンカ絵師の仕事は少しぐらい体調が悪くてもできます。

座り続けて腰が痛い、、、とか、目が疲れた、、ということ以外は肉体的には楽な仕事です。

が、風邪をひいてしまうとやはり仕事に差し支えます。

read more...


日本語は難しい
ブログテーマの前ふりをしておきながらブログの更新が滞ってました。

今住んでいるところは住宅地から山の手に少し入ったところで、うちより先には家は一軒のみ。あとはヤギ小屋とか、野ざらしの養蜂所があるくらい。インターネット接続の末端といったところです。

なのでもともとインターネットは遅かったのだけれど、最近それに輪をかけて遅くなり、ここ数日は接続すらできなくなっていました。

接続がなくなって数日しても回復する兆しがないので、プロバイダーに電話。スペインでは珍しくすぐに来てくれるとのこと。

色々と調べてもらった結果、うちの門の前まではちゃんとネットにつながっていて結構な速度もある、と。問題は門から家の中にきているケーブル、それを交換するようにと親切に新しいケーブルを何メートルもくれる。

でもその交換すべきケーブルは地面に埋もれていて、そのケーブルが通るパイプもどこか中の方で詰まっているらしく、ケーブルを引っ張ってもビクともしないので、せっかく来てくれた業者さんも俺にはお手上げ!という感じで新しいケーブルを置いて帰っていってしまいました。

一応ネットには繋がるようにしてくれたものの、、、遅い。

昔のネパールのインターネットカフェみたい。
ワンクリックごとに持参の本を読んで表示待ち。またクリックして読書、、、というような。

ま、そういう訳でブログの更新ができなかったという訳です。


さて今回は、前回”前ふり”までしたにも関わらず別件。
以前からお伝えしている21尊ターラの図像付経本についてです。

日本語、英語、フランス語で制作予定のこの冊子、なかなか先に進まないのでまずは日本語版の制作に集中することにしました。

何か新しいことをやろうとした時に障害が起きる場合は”もう一度よく考えた方がいいよ”という兆し、ということを聞きます。
が、それとは逆に今からやろうとしていることが素晴らしいことであるが故に何らかの障害が起きる、、とも言うので、今回の冊子制作は後者であると信じて前進。

それでなくとも慣れない作業や知らないことが多い本の制作。日本語版となると身近にアドバイスをもらえる人もいない中奮闘しています。

文章も少なく、ページ数も大したことない小冊子をつくるのでさえこんなに大変なのか!と実感。
特に日本語版は一番大変なのではないかと思います。
read more...


タンカ絵師と健康(前ふり)
今日は買い出しの日です。
今お世話になっている仏教センターの買い出しでオーガニック市場に来ました。
 

 

 
これから夏に向けてどんどん暑くなるので、今が一番気持ちいい季節かもしれません。特に午前中は人も車も少なくて気持ちいいです。


そんないい季節のスペイン・アンダルシア地方ですが、ここ数日は久々に風邪で寝込んでました。
寝不足続きなところに深夜撮影会なんてやったからかも。
read more...


深夜撮影会
毎朝6時からは読経と瞑想の時間。

小さな仏間の入り口には2009年に制作したヴァジュラ・キラヤのタンカが額に入れて飾ってある。

普段描いているタンカと違って、このタンカの支持体は日本の絵絹。

白土なんかを織目に塗りこんで滑らかになめしたタンカのキャンバスに比べて、絵絹は縦横の絹糸がそのままで凸凹、、、に僕には感じられる。絹の準備の仕方が間違っているだけかも。

タンカのキャンバスに慣れてしまっているので、細かい描写をする時は筆が未舗装の道路を走る自転車みたいにガタガタと。
ゆっくりと筆を進ませないと細い線は途切れてしまう。
 

 
髑髏のひび割れ部分みたいな感じで、下地に何か色が塗っていればまだ大丈夫。
read more...


再稼動
21尊ターラーの冊子とか、新しい複製画の制作他の仕事があったのでしばらくの間落ち着いて描く時間が取れなかった。

パソコンに向かっての作業とか打ち合わせとかやりつつ、「そろそろ筆持たなあかんよー」、「絵師なんやし、絵描かな」なんていう言葉を自分の中で聞きながらもなかなか区切りがつかずにズルズルと、、、

ブログの更新もズルズルと先送り。

冊子の方も慣れないこと、知らないことばかりでまだやることはいっぱいあるけど、どうもこのままでは駄目なのでもう無理にでも時間を作って筆を持つことに。

まずは長々と掃除も出来ずに散らかり放題の仕事場の掃除。

スペインに来る前に住んでいたベルギーでは、建物が乱立するブリュッセルの街のど真ん中で、更に曇りがちな天気のせいで仕事場も薄暗いことが多かったが、今使わせてもらっている部屋はスペイン、コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)の陽が差し込み窓からは地中海を臨む素晴らしい部屋で、タンカのような細かい描写をするには最高の仕事場。街から少し離れた山手にあって近くには人も車もあまり通らない。窓はあるものの大きく開けることはほとんどないのに、埃はどこからともなくやってきて溜まってしまう。

絵を描き始めて、絵の具の器が並びだすと掃除するのが難しくなるので、できるときに気合を入れて隅々まで念入りに。汚れた仕事場では良いタンカは描けない、、、と教わったし、確かにそう感じるので手抜きなし。年末の大掃除くらい頑張って掃除。

いろんなものを動かして、溜まった資料も片づけて。そして部屋が綺麗になったところで最後にお気に入りの御香を焚いて完了。

次の作品を描く場所は整いました。
 

 


ブログ”日本画画材研究会”
化学的に合成された絵の具ができる以前、様々な”色”は自然の中に求められていました。藍銅鉱や孔雀石といった鉱物だったり、藍や茜といった植物、コチニールなどの生物だったり。

これは特定の国や地域に限ったことでなく世界中どこでも同じことで、あちこちの国の古い美術品で共通した顔料が使用されています。

チベットのタンカや日本画も同様に、使用される”色”の元はほとんど同じで、膠で溶いて使うといったように使用方法も共通している。
 
ただタンカの世界で見ると、こういった伝統的な画材での制作は時間的、経済的な理由から困難で、多くの絵師がポスターカラーやアクリル絵の具といった手軽に使用できる画材で制作をしているのが現状です。そのほうがより早く、より安く制作できるので。

多分世界中のほかの絵画分野でも同じようなことが言えるのじゃないかと思うけどどうだろう。絵画だけでなく、他のさまざまなことがそうなっているかもしれない。
read more...


ターラー礼賛経
一月に日本からスペインに戻ってからずっと忙しい日々が続いてます。
ブログの更新も随分久しぶり。日本での複製制作のこととか書きたいことや伝えたいことはいっぱいあるんですが、なかなか時間が取れずに更新が遅れてしまいます。先日2月9日にはチベット歴の新年も迎えましたが、みなさんお元気でしょうか。
 
スペインに戻って最近やっているのはこれ。
 

仏教を修行をしている知人に、各ターラーのイメージを見ながらターラー礼賛経を読みたい、と頼まれて21尊ターラーのイメージ付の経本を制作。
 
こんな感じでいたってシンプル。それでも色にはやっぱり気を使いました。実際にタンカを描くときに凄く色に気を使ったから、その印刷物もできるだけ近い色にしたい。 

チベット仏教の中で”色”はとても重要なものなのです。

read more...


21尊ターラー・タンカの複製
日本で初めてのタンカの複製制作。
印刷所の方にも厳しいスケジュールの中いろいろと無理をお願いして完成した複製画のサンプルが今日届きました。
 
原画とほぼ同じサイズの1165x810mmと、小さいサイズ620x431mmの2サイズ。
 

 
今回の複製画制作についてはまた後日このブログでも書きますが、結果は大満足です。
 
色が暗く沈んでしまうとインパクトのない絵になり、逆に明るくし過ぎると軽い印象になり原画で使われている天然の岩絵の具の深い色の良さが全く失われてしまいます。そういったところも気をつけて印刷所の色校正のプロの方との共同作業で、原画にできるだけ近い色の再現を試みました。
 
もう一つはタンカの特徴の一つとも言える金泥の部分。
この部分は特に配慮して色を調整しました。



 
色の校正だけでなく、プリントをする支持体選び等いろいろと検討しての制作でしたが、原画をデジタルデータ化する際のスキャナーが素晴らしかったのが功を奏しました。そのあたりについてもまた後日書こうと思います。
 
JUGEMテーマ:絵画